稼げる素人の人気デリヘル嬢と稼げない風俗嬢を比較してみた

デリヘル嬢の懐事情

常に金欠のデリヘル嬢

貯金が出来ない風俗嬢は生活レベルが原因

投稿日:

貯金が出来ない風俗嬢は生活レベルが原因普通の会社で働けば月給となる場合が多く、その収益から家賃や光熱費だけでなく食費や衣類などの雑費を差し引いた余力分がお小遣いとなるだけに、遊びたい分だけ節約する箇所を捻出しなければ生活していく上で破綻し借金しか方法がなくなります。

ある程度は借金をしてもやりくりで返済も出来るでしょうが、先行きが見えない状況となった女性が最後に高収入アルバイト先として考えるというのが風俗業界というパターンが多いのではないでしょうか。

デリヘル嬢に慣れると散財が多くなり我慢が出来ない

リヘル嬢に慣れると散財が多くなり我慢が出来ない風俗でアルバイトをしたばかりの頃は高額を稼いでも支払いが大きいだけに贅沢は大敵と真面目な考えも出来るのですが、ある程度の収益が安定してきてデリヘル嬢の仕事も慣れてきたと感じ始めた頃にはギリギリまで節約をしている状況からは脱している女性が多いのかもしれないです。

風俗のアルバイトで1日3万円は確実に稼げた女性ともなれば、月末の支払いまであと何回程度の出勤をすれば大丈夫と目安が立ちます。

これだけの収益が計算できる様な時期になると、昼飯を500円で抑えていた時と違ってたまにはランチで1500円も払えばかなり豪華な食事になりますよね、1日に3万円を稼いでいるのだからと考えれば本当にわずかな金額差であり誤差の範疇でしかありません。

たまには友達と一緒に飲みに行こうとなっても、友達は節約状態だからいつでも気軽に付き合える訳ではないのですが、デリヘル嬢として安定した収益が入ると、親友だから今日はおごるから一緒に飲みにいこうよと誘ってしまうのです。

これはたまにだからと考えていますが、歯ブラシ一本にいたるまでいままでよりちょっと高い物にするという程度の考えでも、毎日の食事から全ての雑費に到るまで『ほんのちょっと』という考え方が適用されてしまうので、月間にするとかなり高額に跳ね上がります。

一度生活レベルを上げてしまうと簡単には戻れません、今までの節約が苦痛となって感じてしまうために若い女性が仕事で得れる収益では絶対的に生活が追いつかなくなるのです。

風俗はいつまでも続けられないと思って貯金をしていても生活レベルが戻らなければあっという間に貯金は底をつきますので、結果としてまたお金に困ったらデリヘルでバイトするという生活に逆戻りしてしまう女性がかなり多いのです。

-常に金欠のデリヘル嬢

Copyright© デリヘル嬢の懐事情 , 2018 All Rights Reserved.